Reality Rocksインタビューとパフォーマンス3本

2週間前になりますね、LAでYahoo! リンゼイ・パーカーのインタビュー。Horizonsリリースまで1週間を切ったので他メディアもそろそろ出てくるでしょう。




https://music.yahoo.com/blogs/reality-rocks/kris-allen-extends-his--horizons--to-yahoo--see-him-perform-234921770.html




リンゼイさんクリス仕様にチェックシャツを着込んでます。
花がらシャツ。チェックシャツの話題などなどありまして、
まずはプロデューサー・チャーリー・ピーコックと出会った経緯から。
Adam Hambrickがピーコックがこのアルバムのプロデューサーにすごくいいんじゃないか、とアドバイスしてくれたこと。
すぐに、「これって、友人のランディ・ジャクソンの知り合いの、あのクリス・アレンか?」とメール返信が来た。
へー意外な組み合わせですが著名音楽家同士だもんねー。
ナッシュビル引越しのこと。
8月初めに家を出なきゃいけなくて、住むところ探さなきゃ。
 ※売りに出してた家が売れたんだよね。だから明け渡さなきゃいけないわけ。
  2週間前にはこんなこと言ってますが、
  その辺はケイティがちゃんと対処してるでしょう。
ナッシュビルはバンドメンバーや友だちも多いしミュージシャンのコミュニティもあるし今までもすごくいい印象だし。

オリバー1歳の誕生日の話。
家を”追い出される”前にパーティを開くよ。バーベキューもあるしテーマははらぺこあおむしだし。
こどもは1歳だしアイドルから5年も経っちゃったし時間が経つのは早いわね~。

アイドル前のブランニューシューズを1枚目のアルバムと数えるか否か。(笑)
家にCD100枚置いたままだよー(売れば?私買っちゃうよ?( ̄▽ ̄)

ここからアルバムの話。トラックバイトラック。
Paul Simon からYoung Loveにタイトル変更。
いやーよーわからんけど著作権とかなんかそういう関係でまずかったりしない?
まーちょっと混乱させちゃうかもねー。

Prove It to You
ピーコックの勧めでLenachkaがデュエットに加わることになったようですね。
ピーコックが「クリスの声が素晴らしいから」と余分なものを取り除いてボーカルに焦点をあてることにした、と。
前のアルバムではより”ポップ”にってことで(編曲面で)ちょっと違ったものになったけど(悪い意味じゃなくて)今回は自分の部屋でギターとボーカルだけで作ったものだから。
リンゼイさんの同僚でバークリー音大出身者がクリスの音程は完璧、と褒めてた話。
これ前にどこかで出てきてたね。どこだっけ。
ここでした。http://57925019.at.webry.info/201302/article_4.html

Beautiful & Wild
ナッシュビルの友だちの家でまだギプスを着けてた時に指だけが動く状況で作った曲。
それ以前にもこのアルバム用に何曲か作ってたけど、この曲ができた時にこれこそが作りたかったものなんだ、と。子どもができたことではるか昔に失くしてしまったイノセンスに思いを馳せて…ということですね。

In Time
これもピーコックが「この(事故の)経験を歌にしなきゃ」と。
前にも書くつもりも書きたくも無かったと本人言ってましたね。
悪いことは忘れて前に進むべきだと思ってたみたいなことを言ってたと思います。
ドラマ等でよくカウンセリングとか「悲しみの段階」みたいなことを見るのですが(浅い知識でごめん)、
悲劇に見舞われるとまず人間は「否定」してしまうのだそう。
こんなことは大したことじゃない、とか自分にこんなことが起こるはずがない、など。
無かったことにしてしまおうとする防衛本能が働くのだそうです。
(自分の経験に当てはめてもわかる気がします)
そこから徐々に起きたことを受け止めて、認めて、初めて前を向いて行けるのでしょう。
と、この曲が作られた経緯を見聞きする度そんなことが頭をよぎるわけです。
怪我をした手首が元には戻らない以上、事故の影響はなくなることはないわけで。
もちろん家族や頼れる友人に囲まれているので大丈夫でしょうけど、
ミュージシャンとしては曲に思いを込めることは「受け入れて昇華する」ひとつの区切りにはなるんじゃないかと浅い知識ながら思ったりするわけです。
その意味でもチャーリー・ピーコックはまったく素晴らしい。
その後はありがちなお薬ジョーク。

Lost
ブルージーな曲よね?んでもってちょっとSnarky。
ソーシャルメディア(ツイッターとかFacebook)でいろいろ言われること?そうかも。
歌詞がわからない。一刻も早く歌詞を。誰かーーー

Don't Set Me Free
ピーコックの曲(て言ってるの?)んでこんな顔の曲、て。

Dance
リンゼイさんもアルバムに入ってちょっと驚いたわ、と。
All She Wants to Do is Danceにインスパイアされたの?いーや全然違う。
そのパフォーマンスのことは忘れたいよ。(笑)
実はあの曲すきじゃないのよ、Everybody Just Wants to Danceの方が全然いいわよ。
ちょっとジョークみたいな感じで、ピーコックもう~~ん?って言ってた。
So You Think You Can Danceやほかのダンス番組で使ってもらうのにぴったりなんじゃない?
(そうだそうだ!)

Parachute
ボーナス?ボーナストラックなの?
ふ~んどうもこの話を聞く限りではそんなに思い入れのある曲ではなさそう?
(いや知らんけど)

It's Always You
Adam Hambrickと。

Girl Acrross The Room
友だちの経験を歌にした。その友だちはこのこと知らない。

えーと、発表されてる10曲以外にも入るって言ってるの?
Uniqueがやっぱり入るの?
違う?ボーナストラック入りのものがまた別に発売されるの?
まいいか。本人隠したがってるみたいだし。あと1週間でわかることだね。

楽しいインタビューでした!



Prove It to You

コーラス素敵ね。やっぱり新しいクリス・アレン。


Lost

声がーーーええわーー ローーーースト


Everybody Just Wants to Dance





画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック